初めてのtumbler
フェデラーが大きいヘッドサイズのラケットを?

poptennis:

フェデラーが新しいプロトタイプのラケットを試してるとか。今までよりも大きいヘッドサイズで93~95sqインチらしいです。

Read More

うーん。何となく寂しいな〜

何か言われてすぐ傷つく人は、「自分はそのようなことを言われるべきではない」と根底で思っています。そうでなければ傷つかない。「そういう部分もあるかもねー」とか、「そう言われたってべつにいいもんねー」と思う人であれば、他人のささいなことばで傷つくことはありません。
そんなわけで、その路線を目指せば、傷つきにくくなると思います。

「自分はそのようなことを言われるべきではない」、これは相当にプライドの高い人のせりふです。傷つきやすい人はプライドがとても高いのです。プライドが高いけれども、自信はない。自信があれば傷つきません。どう思うかというと、「そう言われたってべつにいいもんねー」と思う。
この状態にもってくるには、他人にふりまわされない自信をつければ良いのです。自分には価値があると実感するといいです。価値なんかないとあなたは言うかもしれません。でもそういうのは他人と比べてもしょうがないのです。

自分は部分的に好きになったり嫌いになったりする対象ではないと私は考えています。
自分は自分にとってこの世の基盤なので、その他のものと同じように好きになったり嫌いになったりすることはできません。好きになったり嫌いになったりする主体なのですから。
それでも人間には客観性という、よく考えてみるととても不思議なものがあるので、自分を好きになったり嫌いになったり、します。でもそれはその他のものに対するのと同じ好き嫌いではありません。

私は自分を好きですが、良いものだから好きなのではなく、自分を好きだと感じられないと生きていくうえでいろいろと不便なので、意図的にそうなるように操作しつづけているから、好きなのです。
それは部分でなく、全体が対象でなければなりません。また、根拠があってはいけません。「こんなに良いところがあるから自分を好き」という考えかたはリスキィです。だってその良いところが失われたら新しい良いところを探さなくちゃいけなくなるでしょう。そんなのはしんどいからいやです。

初めての投稿

初めての投稿です。テスト